V-net 音読道場

V-net Ondoku-Dojo

 

V-net音読道場とは?

わたしたちが何より大切にしていること。それはコトバをきちんと「体験」すること!
国語の力は、先生の話を聞いていたって伸びません。​たくさんのコトバを読んで使って、生み出すことで、自然と身につくものなのです。
 
だから私たちのレッスンの「主役」は子どもたち自身。コトバを読み、声に出し、考え、創り出す、「体験」自体がレッスンの中心です!

Lesson

いま、わたしたちは日本語の文章を、深く理解し、自由に書くための、4つの「体験型」レッスンを行っています。誰もが楽しく、「読み」「書き」「考える」コトバの力を養えます。

読み書きの核にあるのは言葉のリズム。音読サイコロ道場では「日本語リズム感得」、「暗算力」という基礎学習の核となる部分を、楽しく学ぶことができます。

IMG_5127_edited_edited.jpg
真の読解力は読書によって養われます。このワークショップでは、読解力、思考力、そして文章力という知の土台となる力を、読書を通して身につけていきます。

文章を自由自在、いつでも好きなようにかけること。「モノ書きくらす」では誰もが物書き、作家の気分。「モノ」をつくるように、楽しく文章を書く力を養えます。

​グループレッスンの内容を、個人指導の形で教師が行うこともできます。その他、国語や算数(数学)、英語、理社など、それぞれのご希望にあわせた形で個別にレッスンを行います。

 

Staff

今田 剛士

高校を中退し種々の労働にいそしんだ後、急に学問の面白さに目覚め、大学・大学院に進学。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。

国語教師としては大学受験予備校などに勤めた後、V-net教育相談事務所主宰・松永暢史氏の教育理念に共感、その指導法を学ぶ。

哲学、文学、政治学、映画、演劇など多種多様な学問・教養を学んだ経験を生かし、子どもたちの本質的な国語力を向上させるメソッドを研究、実践中。
著書に松永先生との共著『有名大附属校入試国語はこのパターンで解ける!』。

日々の感想・活動報告などはこちら →

IMG_6339 2.jpg

​大澤 励

東京都世田谷区出身。AMI公認モンテッソー リ国際免許(ディプロマ3~6歳)取得。

学生時代、東南アジア、富士山、小笠原諸島など興味のま まに旅行、留学、アルバイトを繰り返す。

ディプロマ取得後V-netの指導アシスタントとして活動。 囲炉裏教室、ヒルネット、読書のWSに参加。

趣味:キャロム、焚き火、旅行